公益財団法人 秋田県栽培漁業協会 豊かな海を守るために。つくりそだてる漁業~栽培漁業  

トップ

新着情報

ヒラメ種苗の供給

 中間育成前のヒラメ種苗のうち、余剰分となり間引き放流しなければならないものを、栽培漁業を行う他の協会に無償譲与しました。
2019年06月13日 (木)

ヒラメ中間育成始まる

 ヒラメの種苗生産は50日を超え、中間育成が始まりました。種苗生産施設から中間育成施設への種苗運搬が始まりました。
2019年05月29日 (水)

マダイ種苗生産(2)

 マダイのふ化仔魚を、50トン飼育水槽に収容し、種苗生産が動き出しました。
2019年05月28日 (火)

ヒラメ種苗生産(5)

 ヒラメの種苗生産から中間育成に移行する時期がやってきます。ヒラメの稚魚は写真のように成長してます。今週、中間育成施設に運搬が始まります
2019年05月28日 (火)

マダイ種苗生産始まる

 2019年5月22日、マダイの受精卵を4基地のふ化水槽に収容し、種苗生産を開始しました。

写真左:ふ化水槽 写真右:種苗生産水槽
2019年05月22日 (水)

ヒラメ種苗生産(4)

 ヒラメの種苗生産を始めて40日以上が過ぎました。ヒラメは横になって泳いでいます。
2019年05月16日 (木)

クロソイ種苗生産(1)

クロソイの仔魚が生まれ、飼育水槽に収容して種苗生産が始まりました。クロソイは、卵ではなく仔魚で生まれる魚です。
2019年05月09日 (木)

ヒラメ種苗生産(3)

 ヒラメの種苗生産を開始して1ヵ月が経過しました。流水のアンドンかごの形状を変え、サイフォンの原理を利用して水槽替えをしました。ヒラメ稚魚は確認できる大きさになりました。
2019年05月08日 (水)

ヒラメ種苗生産(2)

 ヒラメのふ化仔魚を飼育水槽に収容して2週間が過ぎ、止水飼育から流水飼育になりました。
2019年04月22日 (月)

クロソイ養殖種苗の出荷

 県内で行われているクロソイ養殖のために、種苗を2019年4月10日に出荷しました。
2019年04月10日 (水)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 22