公益財団法人 秋田県栽培漁業協会 豊かな海を守るために。つくりそだてる漁業~栽培漁業  

クロソイ

種苗生産年間スケジュール

seisanschedule01

画像クリックで拡大表示

ガザミ(ワタリガニ)

kani_gazami01 kani_gazami02

地元産親カニを5~7月にかけて収容し、産卵後、20~30日かけて5㎜まで飼育し、7月上旬~8月上旬に各地に配布・放流する。 (種苗生産は秋田県水産振興センターが担当し、栽培漁業協会が種苗を斡旋・配布する。)

クロソイ

seisan_img05_1

地元産親魚を3~4月にかけて収容し、産卵後50~60日かけて40㎜まで飼育し、養殖業者に引き渡す。

クルマエビ

seisan_img04_1 seisan_img04_2 seisan_img04_3

地元産親エビを7月~8月にかけて収容し、産卵後50~60日かけて25~30mmまで飼育し、9月上旬~10月上旬に各地に配布し放流する。

エゾアワビ

024 006 029

天然の親アワビから年2回(3月・11月)採卵し、約1年半で20~30mmまで飼育し、4月上旬に各地に配布し放流する。

ヒラメ

seisan_img02_1 seisan_img02_2 seisan_img02_3

卵からふ化後50日間陸上施設で全長25~30㎜まで飼育し、 その後岩館施設及び船川施設の巡流水槽で約60日間中間飼育し、90mmサイズで7月中旬に各地先に放流する。

マダイ

seisan_img01_1 001 seisan_img01_3

卵からふ化後約60日間陸上施設で全長25mmまで飼育し、その後金浦・椿・戸賀湾でそれぞれ50~60日間海中飼育し、80mmサイズで9月中旬に各地先に放流する。

種苗生産年間スケジュール

ガザミ(ワタリガニ)

クロソイ

クルマエビ

エゾアワビ

ヒラメ

マダイ

生産魚種