公益財団法人 秋田県栽培漁業協会 豊かな海を守るために。つくりそだてる漁業~栽培漁業  

クルマエビ種苗出荷始まる

クルマエビ種苗出荷始まる

 9月28日からクルマエビ種苗の出荷が始まりました。水槽内の産卵・ふ化から2カ月が経過し、全長25mm程度に成長した種苗は、漁業者の手によって砂浜域の海岸に放流されます。 クルマエビ種苗は、県内をはじめ、青森県の日本海側、山形県、そして新潟県に供給しています。
IMG_4876IMG_4877IMG_4880IMG_4883      左上:クルマエビ種苗生産100トン水槽、右上:出荷するクルマエビ種苗、左下:取り上げ直前のクルマエビ種苗、右下:クルマエビ種苗をトラックの水槽に積み込み