公益財団法人 秋田県栽培漁業協会 豊かな海を守るために。つくりそだてる漁業~栽培漁業  

今期最後のガザミ種苗放流

今期最後のガザミ種苗放流

 7月25日に中間育成を開始した1齢期の稚魚ガニ、8月1日には2齢期と3齢期になり、この稚ガニを取り上げて、男鹿半島北側の砂浜に放流しました。当協会で生産試験を行ったもので、県内では今年最後のガザミ種苗放流となりました。
IMG_0406IMG_0407IMG_0408IMG_0409
写真左上:取り上げ前の水槽を泳ぐ稚ガニ 写真右上:排水口から出てきた稚ガニをネットで受け、それをザルですくいとる 写真左下:放流のために海水を入れた大きなビニール袋に収容し、酸素を充填 写真右下: 稚ガニを収容したビニール袋に覆いを掛け放流場所に運搬