公益財団法人 秋田県栽培漁業協会 豊かな海を守るために。つくりそだてる漁業~栽培漁業  

クルマエビの種苗生産始まる

クルマエビの種苗生産始まる

 本県水産物の夏の味覚のひとつクルマエビ、その種苗生産が7月27日から始まりました。クルマエビは暖海性の生物とされ、日本における生息分布の北限は、太平洋側で松島湾、日本海側で陸奥湾とされています。クルマエビさし網で漁獲された活きたクルマエビの雌を購入し、大型水槽で産卵させます。予定では約2カ月後に成長した稚エビを漁業協同組合などに購入していただき、天然海に放流していただく計画となっています。
IMG_4753 IMG_4750              左:クルマエビの親、右:クルマエビ種苗生産水槽